JPA関東プラネタリウムワーキンググループ

2022年活動報告 ※最新の天文学の普及をめざす会(WG)の報告も含んでいます


過去の活動報告はこちら



2022/7/24

’LEDドームでKAGAYA作品銀河鉄道の夜を見よう!’ プラネタリアYOKOHAMA『銀河鉄道の夜』見学会

  
写真をクリックすると、記録写真のページにいきます

日時: 2022年7月19日(火)16:00-17:10
参加者:17人
内容:「銀河鉄道の夜」見学、コニカミノルタプラネタリウム関係者による施設説明と質問等
アンケート結果:
https://docs.google.com/document/d/1Bu3ZR7oUytyevBMSZKyLjeoB8YeQmiun/edit?usp=sharing&ouid=103854293313740893466&rtpof=true&sd=true



2022/7/05

講演会「水星探査と科学・ベピコロンボの今」(主催:JPA最新の天文学の普及をめざす会)

  
写真をクリックすると、大きな集合写真のページにうつります


日時: 2022年7月5日(火)10:00-11:50
参加者:43人
講師:村上 豪 氏
      (宇宙科学研究所 太陽系科学研究系 助教 宇宙科学研究所 BepiColomboプロジェクトチームプロジェクトサイエンティスト)
主催:JPA最新の天文学の普及をめざす会
共催:JPA関東プラネタリウムWG
後援:日本天文教育普及研究会、日本公開天文台協会
進行:
  9:45 オンライン入室開始
 10:00 挨拶・諸連絡
 10:05 村上氏講演
 11:30 質疑応答、集合写真等
 12:00 終了

内容:
・自己紹介、研究テーマ
・水星ってどんな星?‐クレーターは芸術家の名前・最も楕円軌道で水星の1日は2年・温度430℃〜-170℃
・水星探査の立役者ジュゼッペ・コロンボ
・水星のここが難しい。水星は近いのに遠い‐探査機が地球の速度をもっているので減速スイングバイしないと内惑星に向かえない
・水星に行っても大変‐直射日光と照り返しの暑さ対策
・これまでの水星探査はマリナー10号とメッセンジャーしかない。それにより謎が深まる
・謎だらけの惑星@誕生の謎、A進化の謎、B環境の謎
@小さいのに重すぎる。金属核が巨大。太陽近くでも揮発性元素が多い。これら全て説明できる誕生シミュレーションが未明
  水星こそ地球型惑星の誕生の鍵
A育ち方の謎 水星になぜ磁場が?地球型惑星で磁場をもつのは地球と水星のみ。北へずれた磁場。ベピコロンボは南側磁場を特に調査
B環境の謎 地球より弱い磁場で何が起こっているか、エックス線γ線で見られるオーロラ・近すぎる太陽風は地表と接する?どんな影響があるか
         水星にはナトリウムの希薄な大気が存在
・水星を調べることで、その先には、第二の「地球」を探せ。トラピスト等の例。
・人類VS水星…ベピコロンボは構想から21年・表面探査MPO(ESA)・磁気探査MMO(JAXA)、推進モジュールMTM(ESA)推進は大型イオンエンジンを採用
・「みお」公募で愛称決定
・水星到着まで7年のみちのり。地球1金星2水星6回のスイングバイが必要。今は折り返し地点。
・ベピコロンボの最新情報、惑星スイングバイ動画等
・衛星開発現場の組み立てから輸送、ロケット発射までの写真や動画の全て


<資料>
研修会案内
https://drive.google.com/file/d/1wcXvzaphS7P0r1b6TPhK0az1iUEZSaNt/view?usp=sharing

アンケート結果
https://docs.google.com/document/d/1Q28VyLqx1PKkSZ5HyyXL5LQic2uLGrZ9/edit?usp=sharing&ouid=103854293313740893466&rtpof=true&sd=true



2022/4/05

講演会「太陽系外惑星2022」(主催:JPA最新の天文学の普及をめざす会)

  
写真をクリックすると、大きな集合写真のページにうつります


日時: 2022年3月29日(火)10:00-11:15
参加者:55人
講師:成田 憲保 氏(東京大学 先進科学研究機構 教授)
主催:JPA最新の天文学の普及をめざす会
共催:JPA関東プラネタリウムWG
後援:日本天文教育普及研究会、日本公開天文台協会
進行:
  9:45 オンライン入室開始
 10:00 挨拶・諸連絡
 10:05 成田氏講演
 11:00 質疑応答
 11:15 終了

内容:
・宇宙の中の太陽系と地球
・最初の系外惑星の発見者と望遠鏡
・2019年ノーベル賞
・主な観測方法3つ
・ケプラー打ち上げによる劇的な系外惑星の発見
・後継機TESSとすばる望遠鏡、MuSCATシリーズによる高精度の地球型惑星の観測
・将来の系外惑星科学の展望

<資料>
研修会案内
https://drive.google.com/file/d/1XwUBG7FO0hf1L5u1noAbIGgTbmU_8YcK/view?usp=sharing

アンケート結果
https://drive.google.com/file/d/1LQM9UMaVKkghzYyS_GYI_baCKd0JK1dU/view?usp=sharing


2022/1/11

講演会「太陽観測最前線〜ひので15年の成果とCLASP2」(主催:JPA最新の天文学の普及をめざす会)

  
写真をクリックすると、大きな集合写真のページにうつります

日時:2022年1月10日(月祝)19:00〜20:10
参加者:36人 
講師:石川 遼子 氏(自然科学研究機構 国立天文台 太陽観測科学プロジェクト 准教授)
主催:JPA最新の天文学の普及をめざす会
共催:JPA関東プラネタリウムWG/日本天文教育普及研究会
後援:日本公開天文台協会
協力:自然科学研究機構 国立天文台

<進行>
18:45 オンライン入室開始
19:00 挨拶・諸連絡
19:05 石川氏講演
20:00 質疑応答
20:10 終了

・天文学:電磁波から物理情報を引き出す→太陽観測は偏光で磁場を調べる
  磁場はコロナの生成に関与、磁力のねじれとほどけで太陽フレア発生
・ひので紹介(2006.6〜)口径50cmの画期的な太陽観測衛星 衛星は昼夜天気に左右されない
・太陽待機構造と残された謎 彩層コロナ加熱問題
  アルフベン波の発見 円偏光観測により短寿命水平磁場を発見→総磁束量黒点の100倍、コロナ加熱に十分
  彩層〜コロナの成因
→太陽観測ロケットCLASPシリーズ(2015、2019、2021打ち上げ)
・太陽観測ロケットとは? ロケット自身が宇宙空間で飛びながら観測(5,6分)、砂漠発射で砂漠に着地するため観測装置を回収し再利用可
  CLASPは世界発の紫外線高精度偏光分校観測装置。観測装置の開発は全て国立天文台
  2019年4/11打ち上げでは、MgUとMgUhを発見
  ひのでとの共同観測で、光球〜彩層最上部の連続した磁場測定に成功 磁力線が広がる-彩層からコロナの観測から得られた
  CLASP2.1は2を再飛翔し、スリットを動かし三次元観測
・ひので:CLASPその先へ 
  SUNRISE-3大気球実験、DKIST4m巨大地上望遠鏡(ハワイ)、Solar-C-EUVST、超多角的な太陽観測計画が推進中


<資料> 

研修会案内
https://drive.google.com/file/d/1hvwW9F_PCrlhd2CDD5_NPb8OIjrYC-GQ/view?usp=sharing

アンケート結果
https://drive.google.com/file/d/1PUGEZ5Fat_kfpXj3swgJo-1GVZqaFaod/view?usp=sharing



2021/12/18

JPA関東プラネタリウムWGオンライン研修会2021

  
写真をクリックすると、大きな集合写真のページにうつります

*発表資料の公開は、発表者の箇所にリンクがついています

名称:JPA関東プラネタリウムWGオンライン研修会2021
参加者人数:午前 68人 、午後 78人  のべ 89人
主催:JPA関東プラネタリウムワーキンググループ
日時:2021年12月13日(月) 10:00〜17:15(途中休憩あり)
会場:オンライン(Zoom)

午前中は64年間にわたってコンソールに立ち続けられた、故・河原郁夫先生と様々な形で関わった方々にお集まりいただき、河原先生から教えていただいたプラネタリウム投影の心得や先生とのエピソードをかたっていただきました。
午後は会員の発表を行いました。


<進行>
9:45 オンライン入室開始
10:00 代表挨拶・全体会
10:15 特別座談会「河原郁夫先生とプラネタリウム」(85分)
     登壇者:広瀬洋治、若宮崇令、岩上洋子、國司眞、弘田澄人
     進行:齋藤正晴

12:00 昼休憩(〜13:30)
13:30 活動報告(1)
     天文工作について 
     Wikipediaについて /松岡義一(個人)
     AstroArtsプラネタリウム部門の紹介 /高野美南海(AstroArts)
     宮城・気仙沼での天文教育普及活動の報告と展望 /三浦飛未来(個人)
14:45 休憩(〜15:00) #天文工作補足
15:00 活動報告(2)
     平塚市博物館のオート番組制作について /塚田健(平塚市博物館)
     府中市郷土の森博物館オリパラライブビューイングについて /塚田小扶里(府中市郷土の森博物館)
     足立区ギャラクシティの近況 /田部一志(ギャラクシティまるちたいけんドーム)
     コニカミノルタプラネタリウム満天NAGOYA他について /九里翼(コニカミノルタプラネタリウム)
     HAYABUSA2〜REBORN」報告&次回作予告 /上坂浩光(ライブ)
     ステラドームプロ新機能紹介 /上山治貴(AstroArts)
17:15 閉会

20:00 オンライン情報交換会(希望者のみ)


研修会案内
https://drive.google.com/file/d/1d-Kcwa7g2OMI8XVNgQSV7UA763qTHfA0/view?usp=sharing


報告書 
https://docs.google.com/document/d/16FjTjFn7g6VaVCYIVL5KRL9aZkP-P0u7/edit?usp=sharing&ouid=103854293313740893466&rtpof=true&sd=true



2021/11/11

講演会「重力波2021:LIGO・KAGRA・宇宙干渉計」(主催:JPA最新の天文学の普及をめざす会)

  
写真をクリックすると、大きな集合写真のページにうつります

日時:2021年11月1日(月)10:00〜11:10
参加者:71人 
講師:和泉 究 氏(宇宙科学研究所 宇宙物理学研究系 准教授)
主催:JPA最新の天文学の普及をめざす会
共催:JPA関東プラネタリウムWG/日本天文教育普及研究会/日本公開天文台協会
協力:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所  

<進行>
09:45 オンライン入室開始
10:00 挨拶・諸連絡
10:05 和泉氏講演、質疑応答
11:10 終了

・重力波天文学のあゆみ
・重力と空間の歪み/重力波の発生/重力波の効果
・レーザー干渉計型検出器の仕組み
・LIGO初検出GW150914
 シミュレーション映像/検出波形の音化/ブラックホール足し算
・初検出の現場の裏話
・中性子星合体の現場とレアメタルの生成
・重力波天文学におけるKAGRAの位置づけと意味/報道についての真意
・宇宙重力波検出器/2030年代に来る重力波天文学の将来
・質疑応答

<番外>
オンライン居酒屋からけん 20:00〜22:00、最終閉店23:30
参加者約15名 *講師参加


<資料> 

研修会案内
https://drive.google.com/file/d/1kb34jLly14_B41pXXqaoKrifzbkZEDNh/view?usp=sharing


報告書
https://drive.google.com/file/d/1LGLYGux-dX8JBXkEMkPQpCsHnDaYabco/view?usp=sharing



2021/06/07

講演会「ペルセウス座流星群2021」(主催:JPA最新の天文学の普及をめざす会)

  
写真をクリックすると、大きな集合写真ページにうつります

日時:2021年6月7日(月)10:00〜11:10
参加者:83人 
講師:佐藤幹哉 氏(国立天文台天文情報センター/日本流星研究会)
主催:JPA最新の天文学の普及をめざす会
共催:JPA関東プラネタリウムWG/天文教育普及研究会/日本公開天文台協会
協力:国立天文台

<進行>
09:45 オンライン入室開始
10:00 挨拶・諸連絡
10:05 佐藤氏講演、質疑応答
11:10 終了

・自己紹介
・火球の定義(金星より明るい)、スーパーボライド
・ペル群の基本情報、母天体、流星の分類
・HR,ZHR、CHRの説明
・過去の傾向からもみられる今年のペル群予想
・今年のペル群は極大時刻に絶好の条件と月明りがない絶好条件の2つが重なっている
・流星の動画を見ながら、ペル群の明るいものは単痕が残る
・2021年はダストトレイル影響は少ない。2028年はダストトレイルが多そうだが日本時間は×
・はくちょう座κ流星群の今年の傾向。対木星の共鳴関係で活発化。ペルと同時期にあわせて、少し早い時間に流れる。
・予想はしたが、実際に観測するまで分からない!
・オマケ。ペル群のダストトレイルと地球の軌道接点動画
・質問。母天体の種類、流星の飛跡の長さと速さの関係、使用機材など

<番外>
オンライン居酒屋からけん 20:00〜22:00、最終閉店24:00
参加者約20名


<資料> 

研修会案内
https://drive.google.com/file/d/1k9NAijCEvUEfZv0qrHnJdiNMUQf7HF1G/view?usp=sharing


事後アンケート結果報告
https://drive.google.com/file/d/1D1HipXDgM5HY9kRYEZjmFBYcVM5psDlH/view?usp=sharing




JPA会誌19号寄稿「コロナ禍での地域研修会」
2021年4月8日
発行元:日本プラネタリウム協議会
2021年3月発行

寄稿した記事は下記URLから閲覧できます。

https://drive.google.com/file/d/1-qftNjm9N3stx-NexOZwVsfUEyUwZndw/view?usp=sharing






inserted by FC2 system